マンション経営で失敗しない方法とは|損しない情報を知っておこう

老後資金とマンション

街

マンションで資産作り

日本は少子高齢化の時代となるので、将来受け取れる年金や社会保障などがこれまでと同等とは限らなくなります。そこで老後までしっかりと人生設計を考えた場合には金融機関に余剰資金を預けておくのではなく、不動産投資によってより利回りのいい収入を確保したくもなります。特にマンション経営を自ら積極的にすれば、受けとる家賃収入も多くなり、老後が安心といえます。そのような資産形成としてかなり魅力のあるマンション経営ですが、やはり失敗の事例も数多くあります。特に素人が安易に始めた場合には、かなりの痛手を被ってしまうこともあります。これからマンション経営をしたいようなら、そのような失敗の事例はむしろ参考にしていくこともできます。

事例から経営の参考にする

本来なら駅前のような好立地の築年数の浅いマンションの一区画でも購入してマンション経営を始めたいところです。しかし投資対象としては高額ですから、どうしても中古物件、それも郊外のものを選びがちです。その結果、なかなか入居者が定まらない、空室の期間が多く、購入資金の返済すらままならないという失敗を引き起こしがちです。マンション経営は長期的な周辺環境の変化を前提にして、安定的に入居者がいて空室にならないようにしなければ、収入が途絶えてしまいます。間契約をきちんと結んでおかないと、退去の際などにもトラブルが発生します。マンション経営というと、そのメリットの方が注目されますが、経営に関心があるのなら、失敗の方にも着目すべきでしょう。

知識を身につけよう

紙幣

賃貸経営をする時に活用できるものの一つに、家賃保証が挙げられます。このシステムを活用すれば、賃貸経営も安心です。そのためにも、信頼できる不動産会社に協力をしてもらいましょう。また、家賃保証に関する知識を身につけておくことも大事です。

読んでみよう

信頼の不動産管理

外観

所有する物件を貸し出したいと考えている方は、サブリースを利用しましょう。管理会社が物件を管理してくれるので、安心して任せることができます。管理会社によっては空室保証を行っているため一定の収益を見込めるでしょう。会社と契約するときは事前に下調べしておくことが大切です。

読んでみよう

日本旅行ブームに対応する

硬貨

現在は空前の日本旅行ブームで外国人観光客も増えていますが、それに対応するホテルの部屋などが少なく、個人の部屋を旅行者に提供するairbnbというシステムが注目を浴びています。部屋を貸したい人は代行サービスを使うことで部屋の管理を行うことが出来ます。

読んでみよう